中部蜘蛛懇談会とは
活動内容
活動報告ブログ
会報「蜘蛛」
機関紙「まどい」
掲示板
リンク

 中部蜘蛛懇談会とは


人と人の結びつきは、まさにクモの糸です


                中部蜘蛛懇談会 代表 緒方清人

 私たち中部蜘蛛懇談会は、中部エリアを中心に蜘蛛の研究、観察、情報交換などを行っているグループです。

 初心者から研究者まで集まる観察会では、それぞれの担当者が現地を案内し、コースを歩きながらクモウオッチングをおこないます。クモだけではなく、眼にはいる昆虫や植物などにも興味が沸き、生物の名前を「知る」ことは実に楽しいものです。

 それに,観察中の会話や休憩中に交わす何気ない雑談が、実に楽しいひとときです。知識を得るのは書籍や専門書だけではなく、人との出会いが人生観をより豊にしてくれます。

 ちなみに、私たちの機関紙のタイトル「まどい」とは、卵から孵化した数百の仔グモが、卵のうから這い出て、分散する前に一時的に集団を形成する状態を指す言葉です。「まどい」のように、多くの会員が集まりますように、と願いが込められています。

あなたもぜひ、中部蜘蛛懇談会を覗いてみてください。
きっとクモの魅力に取りつかれますよ。
人と人の結びつきは、まさにクモの糸です。


【組織】
代 表 : 緒方清人
事務局 : 柴田良成
会員数 : 正会員66人、準会員29人(2010年現在)

【歴史】
1969年 中部蜘蛛談話会創立
1970年8月 会報「蜘蛛」創刊(年一回発行)
1993年2月 機関紙「まどい」創刊(年3回発行) →詳しくはこちら
2010年2月 ホームページ開設

【活動内容】→詳しくはこちら
総会 2月11日
観察会 年4回以上
一泊観察会 三重クモ談話会との共催

【規約】
2011年2月11日改正→規約はこちら


クモ楽者募集中!!

会員は学会にも発表する研究者から、小学生、大学生、主婦、アマチュアカメラマンなど様々。
  ★最先端のクモの情報を知りたという方も。
  ★なんとなく、クモが好き、という方も。
どうぞお気軽にご参加ください。
観察会への参加は、会員でなくても大歓迎です!

正会員 年会費:3000円(高校生以下1000円)
会報「蜘蛛」年1回、機関紙「まどい」年3回送付
準会員 年会費:1000円
機関紙「まどい」年3回送付
こども会員
中学生以下:会費無料
機関紙「まどい」年3回送付

【連絡先】
  メール mail★ckumo.sakura.ne.jp
      (★を@にして送信して下さい。迷惑メール防止措置です)

【会費の振り込み先】
 郵便振替 00870-6-118292 「中部蜘蛛懇談会」